情報表示システム(ホーム) > ご採用事例 > 河川警報システム

河川警報システム

その他システム

ダムの放流情報をリアルタイムにお知らせ

近畿地方整備局様

近畿地方整備局様設置事例
ご採用年月 2012年3月
構成 LEDボード 1基
回転灯(3台) 3式
制御盤 3台
発電機 1台
主な設置場所 ダム下流部河川付近の居住地の道路沿いに設置
PDFデータダウンロード
お問い合わせフォームへ
表示板採用のいきさつ 集中豪雨等の緊急時に、ダム放流の情報を下流部の住民に対して的確に伝える必要が求められた。
設置目的(用途) 居住地の住民やドライバーに対して、状況把握と行動判断に役立ててもらうことが目的。
導入後の効果 ダム放流時の情報をリアルタイムに把握する事が可能となり、近隣住民の安心感や状況把握に繋げることが出来た。平常時には、お知らせや啓蒙活動等を表示し有効的に活用している。

親水公園の増水時の緊急警報システム

神奈川県様

神奈川県 親水公園設置例
ご採用年月 2012年3月
構成 河川警報情報板 1基
制御盤 1基
スピーカ 1台
回転灯 1台
主な設置場所 親水公園内の遊水地沿いの
遊歩道に設置
PDFデータダウンロード
お問い合わせフォームへ
表示板採用のいきさつ 既設箇所には、すでに警報装置として回転灯・スピーカが設置されていたが、音+光が認識しにくい状況があり、確実に情報伝達をより充実する為、表示板を増設した。
設置目的(用途) 気象庁から発表される、気象予警報情報を取得し、警報発令時に周囲の住民に、注意喚起を行い災害発生を防止する。
導入後の効果 悪天候時に音が聞こえずらい箇所や、住宅が密集しスピーカの音量が出せない箇所では、文字で表示させることで、より確実な情報伝達が期待できる。

▲PAGETOP